妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとはのカテゴリ記事一覧

ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法

  • ホーム
  • »
  • 妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは

カテゴリ:妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとはのカテゴリ記事一覧。つわりがひどいと仕事に行くのもつらい。両立?休む?迷いますよね。つわりの妊婦さんが仕事をするときには時短勤務や軽減が認められているんです。つらい時はうまく利用してしてみては?それでも無理な時はこれをきっかけに見直しも考えてみるのも。働く妊婦さんに役立つ情報を紹介します。

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは
つわりでも日勤、夜勤を休めないという人もいるかと思います。しかし医療にたずさわっている病院の方が実はつわりの休暇に対して厳しかったりするんですよね。もちろん例外もあります。私の勤務していた医院は小規模ですがママばかりのため、つわりのも理解がありました。しかし他病院に勤務している友人は耐えきれずに退職してしまいました。つわりで休みたいのなら診断書をもらおうつわりで今日はお休みさせてもらいたいんですけ...

記事を読む

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは
妊娠初期には「妊娠悪阻」で診断書を書いてもらい仕事をお休みするのをよく聞きますよね。しかし、妊娠後期もまたつわりやお腹の張りで苦しくなり、仕事がつらい時期がやってくるんですよね( ;∀;)私も一人目のときには出産予定日の2週間前まで仕事をしていたのですが、2人目の時はつらくて早めに産休に入りました。実際に産休に入るのは出産予定日の6週間前ですよね。(双子ママの場合は14週間前です)でもそれより前にもう休み...

記事を読む

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは
つわりでも私は産休ぎりぎりまで働き復帰するつもりだったので、仕事を辞めようとはしていませんでした。でも私のつわりはあまりにひどく本当に何も出来ない日々だったので、旦那も我慢の限界に達してしまったんです。つわりのせいで旦那とケンカに・・仕事に行くことで一杯いっぱい。帰っても家事は一切出来ない毎日にとうとう旦那が限界を迎えました。「そんなつらいなら仕事やめれば?」と言われたんです。私は仕事をつらいと思...

記事を読む

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは
つわりの期間中にも働き続けた私。本当にストレスが半端なかったです。確かに仕事で気を張っていると自宅にこもるよりはまだマシだったけど、家事なんてほぼ出来ませんでした。つわりのこと、、仕事のこと、そして家族のこと。悩みと不安がもうあふれそうな状態だったんです。つわりと仕事で抱えた悩みとは私にとって一番のストレスはもちろんつわりの症状。寝ている時以外はずっと吐き気と気持ち悪さ、空腹時と食後は必ず嘔吐。一...

記事を読む

妊娠中に仕事を続ける人によくあるトラブルとは
立ち仕事、デスクワーク、接客・・どの仕事にも足のむくみはつきものではないでしょうか?私は病院の事務をしていますが、パソコンに長時間向かっていると足がパンパン!受付をして立ちっぱなしでもパンパン!(笑)普段からむくみやすいので仕事中は着圧ソックスを着用していましたが、妊娠したらそれも効かなくなるくらいのむくみになりました。でもきちんとケアをすればむくみはかなり解消できます!そこで私のしたむくみ対策方法...

記事を読む

つわりで看護師ほど仕事を休みづらいって本当!?

つわりでも日勤、夜勤を休めないという人もいるかと思います。しかし医療にたずさわっている病院の方が実はつわりの休暇に対して厳しかったりするんですよね。


もちろん例外もあります。私の勤務していた医院は小規模ですがママばかりのため、つわりのも理解がありました。しかし他病院に勤務している友人は耐えきれずに退職してしまいました。

つわりで休みたいのなら診断書をもらおう


ダウンロード (56)

つわりで今日はお休みさせてもらいたいんですけど・・と言うのも勇気がいります。悩みに悩んで打診するんですもの、安易な気持ちでは言っていないのもよくわかります。


しかし、仕事をする側としたら「急に休みになられても困る」というのが普通。冷たいわけではないのです。自分が仕事をする側だったらやはり「え、休みなの?」という気持ちもゼロではないですよね。



インフルエンザなどの感染症なら仕方がないと思っても、つわりは程度によっては仕事を続けている人もいるし、実際のつわりの程度は他人には測れないものなんですよね。


それはつわりが終わってからようやくわかったことです。つわりでお休みしたいと思っていたときにはだいぶつわりを我慢しているときだったので、自分のことばかりで必死だったということに気づきました。


だからといって休むのがいけないというわけではありません。
他人に自分の状態を知ってもらい、迷惑を最小限にする努力は必要ということです。


そのために「診断書」が必要なのです。看護師という仕事柄肉体労働もしないといけませんよね。肉体的にも精神的にも大変だからこそ、きついと思った時には無理をせずに診断書をかいてもらう方いいと思いませんか?


つわりでも低姿勢でいることで仕事を助けてもらいやすい



もうだめと思ったら潔く診断書を書いてもらって休む方がいいのですが、微妙なんだよね・・という人はとにかく低姿勢でいる方がなにかといいようです。


この仕事は重労働だから代わってもらう、その代わりにこっちの仕事はいつも以上に多くこなしておくなどのメリハリをつけておくことで周囲にも努力していることは伝わると思います。


一番ダメなのは突然お休みするのを繰り返すこと。信用をなくしてしまうし、他の人が妊娠した時にも妊婦ってこうなんでしょ?という悪いイメージをもたせてしまいます。



看護師だからこそつわりで診断書をもらうことに躊躇してしまうという声を聞きました。私の同僚は妊娠糖尿病で妊娠初期に突然入院しました。妊娠中はなにが起きるかわかりません。無理をして切迫で絶対安静なんてことになったら大変!




限界を感じたら早めに行動するのも大事ですよ。



妊娠後期のつわりで仕事がつらい!早く産休ってあり?

妊娠初期には「妊娠悪阻」で診断書を書いてもらい仕事をお休みするのをよく聞きますよね。
しかし、妊娠後期もまたつわりやお腹の張りで苦しくなり、仕事がつらい時期がやってくるんですよね( ;∀;)


私も一人目のときには出産予定日の2週間前まで仕事をしていたのですが、2人目の時はつらくて早めに産休に入りました。実際に産休に入るのは出産予定日の6週間前ですよね。(双子ママの場合は14週間前です)


でもそれより前にもう休みたいという時にはどうしたらいいのでしょうか?

後期つわりで産休前に仕事を休むことは可能なのか



ダウンロード

もちろん身体がつらいときにはお休みする方がいいです!私も実際に妊娠後期にぎりぎりまで仕事をしていたのですが、想像以上にしんどいものでした。


お腹は張りやすく疲れてだるくて家に帰っても家事なんて出来ない状態(>_<)
私は当時職場の寮に住んでいたので歩いて出勤できたというのもあり、ぎりぎりまで出勤していました。


でも二人目の時は引っ越して車通勤だったので運転していくのも大変・・



産前休暇は6週間前からですが、そこまで無理をする必要はないと思います。
本当につらいときには担当の先生に診断書を書いてもらい傷病手当の申請をしたり、有給を使用したりと方法はあります。


後期つわりは仕事先にどう説明する?


一番ネックなのは仕事先への説明ですよね。



上司に言いずらいという人はけっこういるのではないでしょうか?そんなときに役に立つのが母性健康管理指導事項連絡カード。このカードは今の状況を医師に記入してもらい、職場に提出するものです。



参考記事
 母性健康管理指導事項連絡カードを利用してみましょう



もちろん傷病手当金を申請するのであれば診断書を書いてもらう必要があるので、初めから診断書の提出をしたほうが早いかもしれませんが、有給を使いたいという場合にはこのカードを記入してもらい見せながら上司に打診した方が説明しやすいですよね?



妊娠後期あとちょっとで産休という時ってもうだいぶ身体がしんどいですよね。無理は禁物ですよ!!


お腹が頻繁に張るというだけでもママにとっては見た目以上につらいです。
どうしよう、もう休みたい・・と悩んでいるのなら先生に相談してカードを書いてもらったらいいと思います。


自分の体が限界になる前に相談してみてくださいね!

つわりでも仕事を続けて旦那とケンカに!理解してもらえない現状

つわりでも私は産休ぎりぎりまで働き復帰するつもりだったので、仕事を辞めようとはしていませんでした。でも私のつわりはあまりにひどく本当に何も出来ない日々だったので、旦那も我慢の限界に達してしまったんです。

つわりのせいで旦那とケンカに・・


後悔

仕事に行くことで一杯いっぱい。帰っても家事は一切出来ない毎日にとうとう旦那が限界を迎えました。「そんなつらいなら仕事やめれば?」と言われたんです。

私は仕事をつらいと思っていません。つわりで仕事が思うように出来なかったり、迷惑をかけてしまっていることはつらかったんです。でも一日家にいる方がもっとつらくて。


家にこもっていると時間が経つのは遅いし余計なことばかり考えてしまうんです。そんな私の気持ちなんて考えずに仕事をやめたら家事も出来ると思っている旦那が腹ただしくなりました(>_<)


つわりの時には仕事をしている方が楽な時もある



私にとっては仕事(行ってもまともにできてはいませんでしたが・・)をしない方がつらいと言っても分かってはもらえませんでした。そこまでしてやる意味あるの?と言われてしまうんです。

つわりって本当にどうしようもないからとにかく気を紛らわせて他に気をそらすというのも大事ですよね?職場が理解がないと難しいですが。私はありがたいことに職場のみんなが理解があったので出てきてやれる範囲でやればいいよ!と言ってもらえていました。


だから逆に何もしない、どこにも行かない休日の方がつわりがひどくなるような気がしていました。


つわりを経験していない旦那さんにとってはそれがいまだに理解できないようです。理解してもらいたい気持ちはありましたが、いくら言ってもこれは経験しないとわからない。最後までこそは平行線のままでした。


つわりのことって無理に理解してもらおうとするとケンカになりがち。それよりも私にはこうした方がまだましだから、迷惑かけるけどつわりが治まるまではこのままでもいいかな?と下手にでたほうが良さそうですね(>_<)

つわりと仕事でうつになりそうな人はこの本読んで!

つわりの期間中にも働き続けた私。

本当にストレスが半端なかったです。
確かに仕事で気を張っていると自宅にこもるよりはまだマシだったけど、家事なんてほぼ出来ませんでした。


つわりのこと、、仕事のこと、そして家族のこと。
悩みと不安がもうあふれそうな状態だったんです。

後悔




つわりと仕事で抱えた悩みとは



私にとって一番のストレスはもちろんつわりの症状。
寝ている時以外はずっと吐き気と気持ち悪さ、空腹時と食後は必ず嘔吐。

一番つらいのは気持ち悪いこと。朝起きて1秒で車酔いのマックスの状態。それが1日中でした。


さらに職場の近い仲間には報告したけど他の人には安定期までばれたくないという気持ちから必死に元気を装い。(私2度流産しているので本当に近い人にしか安定期まで言いませんでした)

見ればすぐ分かるほどいつも顔色は悪かったのでマスクで隠していました。
これもだいぶ神経使いました。

仕事をバリバリ出来ず迷惑をかけているという申し訳ない気持ち・・

そして帰宅と同時に横になり、家事もなにも出来ない自己嫌悪。
更に自由にしている旦那への怒り。

そして赤ちゃんが無事に育っているかという不安は常に抱えていました。

あとは何で私ばっかりという当たり所のない思い。
次女の妊娠時には長女の相手をしてあげられずに申し訳ないという悲しみ。


とにかく毎日毎日色々なものが積み重なって、気付くと勝手に泣いていました。


うつ状態になった時に心に染みた本



何もやる気が起きない、何に対してもあまり感情が動かない時に出会ったのがこの本です。




私があなたを選びましたという題名にひかれ、ちょっと読んでみようかなという気になり。

読んでみたら泣いてしまいました。
私が妊娠当初に不安に思っていたこと、それでも頑張ろうと思っていたこと、そして何より赤ちゃんと私が一心同体ということに心をもっていかれました。

私が辛い時には赤ちゃんもつらいし、でもこんな弱いママなのに選んできてくれたんだって思うと色々な思いがあふれました。

150705260810_TP_V.jpg


つわりがつらくても一人ではないよ

 

もちろん赤ちゃんはいつでもママの味方ですが、つわりの苦しさって経験した人にしかわからない部分も正直あると思うんです。

だから私は旦那さんに励まされるよりも、同じようにつらいつわりを知っているママさんと共感している方が気持ちが前向きになれました。

同じように苦しんでいる方が少しでも元気になってくれたらと思います。

仕事する妊婦さんの足のむくみはこれでスッキリ!

立ち仕事、デスクワーク、接客・・
どの仕事にも足のむくみはつきものではないでしょうか?


私は病院の事務をしていますが、パソコンに長時間向かっていると足がパンパン
受付をして立ちっぱなしでもパンパン!(笑)


普段からむくみやすいので仕事中は着圧ソックスを着用していましたが、妊娠したらそれも効かなくなるくらいのむくみになりました。

でもきちんとケアをすればむくみはかなり解消できます!
そこで私のしたむくみ対策方法を紹介します(*´ω`)


働く妊娠ママの足はむくみやすい!妊娠初期からむくむもの?



妊娠後期にお腹が大きくなると圧迫されて足のむくみが出るものだと思っていた私。
つわりであまり飲み食い出来てもいない状況でまさかこんなにも足がパンパンになるとは思っていませんでした。


ダウンロード (25)
おばあちゃんの足みたい(笑)


妊娠すると身体が水分を溜めこもうとするのでむくみやすいんです。
他にも塩分が多かったり、冷えたり、運動不足だったりと様々な要因があります。


仕事で足がむくみ、更につわり中の妊婦さんは極力外には出ない、仕事以外の時間は家で休んでいることが多いですよね。

私も仕事で長時間同じ姿勢で過ごし帰ってきたらずーっと横になっていました。
運動どころか帰宅後ひたすら横になっていました。

食事もまともにとれないので、塩分とか栄養とか二の次にしてとにかく食べられるものを食べていました。

それらも原因になっていたんだと思います。

つわりの間は特にむくみがひどかった(-_-;)

働く妊婦さんのひどい足のむくみを解消する方法とは?



仕事をしているとむくみが慢性的になっていまいがち。

そこで私がまず実践したのが超!強力な着圧ソックス。
普通の着圧ソックスでは効果がなかったので、更に強力なものを購入。

締め付けすごいので履くのもけっこう苦労しましたが、頑張って毎日履きました。


仕事中にはこれでむくみによる足のだるさは感じなくなりました。

そして仕事中にはつわり対策もかねてルイボスティー。

関連記事
つわりを楽にするにはルイボスティーがおすすめ!

ルイボスティーは身体の循環を良くしてくれます。


仕事中に長時間パソコンをしているので、出来るだけ足を動かしたり休憩時間には足をあげたりと工夫をしました。

帰宅後はリンパマッサージ。
つわりで体調が悪い日には旦那さんにお願いしました。
asi.png


本来は入浴後がいいのですが、つわりの私はサッとシャワーで身体が温まらないうちに出ちゃうので(;´・ω・)


寝る時には足をあげるようにしました。


そして大事なのは常に足を冷やさないこと

足を冷やすと血行が悪くなりむくみやすくなってしまうので、しっかりと保温してください。

これらを毎日続けたら、だんだんとむくみが解消されてきました。


何もしないとどんどんひどくなってしまいます。
ひどくなると解消するのにも時間がかかるし、足のだるさも本当に不快。


むくみが引いた後も足を冷やさない、同じ姿勢ですごさないようにして常に対策をしておきましょうね!
Copyright © ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます