スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどいつわりを隠して接客業した経験。私はこうやって乗り切りました

とにかくつわりがひどかったんですが、仕事を休むわけにはいきませんでした。私の職場は接客をしているのが私を含め2人。通常2人態勢ですが、一人お休みしても仕事はこなせるので交代で休みをとるというスタイルです。

なので私が予定外に休んだり、長期にわたってお休みをすると相方はお休みできないんです(>_<)


つわりを隠してどうやって仕事を続けたのか


ダウンロード (29)

私は流産経験があったので安定期に入るまでは妊娠していることを公表するつもりはありませんでした。同じ業務の相方には告げていましたが、そのほかの人にはばれないように必死!


食事は食堂に行くのですが、行かずに一人で消えて誰もいない所で軽く食べては吐き。
空腹でも胃液を吐いてしまうので、常にマスクをして顔を隠しながらサッと小さいお菓子を口に入れて空腹をしのぐ。


顔色が悪いので化粧やチークを厚めに(苦笑)
何よりも人と会話をする時間を減らすようにしていました(*_*;


接客業なのですが、明るくて大きな声でサッパリとした対応をすると割と接客時間は少なくて済みます。小さな声で静かに対応をしていると、相手も悩む時間や返事がゆっくりだったりするような気がするんです。

本当に申し訳ないですが、つねにつわりがばれないように必死だったので淡々としていました。


つわりで仕事は意外と理解してもらえない


つわりでもなんとか仕事を続けたいからと無理をする人って多いですよね?
もちろん私もそうしたうちの一人です。


しかし、むりして仕事を続けるのは相当の覚悟が必要ですよ!
だってほとんどの会社が理解ないですもの。


私が以前勤務していた会社は男性が中心で、女性は事務員のみの本当に少数でした。ですから女性のことなんてまず理解できません。言葉では優しくても実際の配慮なんて出来ないんです。


もちろん配慮して欲しいというわけではないですけれど、実際に吐き気がピークになればトイレにかけこむことだってありますよね。たまたま今の職場では理解のある相方で良かったけれど、以前の職場がそういった雰囲気だったから仕事ができないなら休む、出勤したのならきちんとやる。


そういったスタンスでいないと絶対に迷惑をかけてしまうんです。
私はつわりを隠して仕事をするという選択をした代わりに、いつも以上にしっかりとやることを心がけました。そうしないと自分に絶対に甘えてしまいますからね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。