つわりで仕事を辞めてももらえるお金とは?給付金について

ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

つわりで仕事を辞めてももらえるお金とは?給付金について

つわりで退職を考えているけどもらえるお金がなくなってしまうと困るので決心できない・・
そんな時には辞めてももらえるのはどのお金か先に知っておくことが大切。


退職後に元の職場には聞きづらいですからね・・


そこで退職してももらえるお金を紹介します。

つわりで仕事を辞めてももらえるお金



出産育児一時金

ダウンロード (11)


まず出産のなかでも大きくかかるのが分娩費用。
これは仕事をしている、していないに関わらず妊娠4カ月以上で出産をしたらもらえます。
社会保険でも国民保険であっても健康保険に加入していればもらえます。

自身の務めている会社の健康保険組合、パパの扶養ならパパの会社の健康保険組合、国民保険なら各自治体からになります。


これは一人につき42万円。
双子なら人数分で倍になります。

退職したらどこからお金が出るの?
勤続1年以上経過していて、更に退職日から6カ月以内に出産した場合は自身が加入していた保険から出産育児一時金が支給されます。
その時退職してパパの扶養に入っている場合には自身の加入していた健康保険の出産育児一時金かパパの加入している健康保険からの家族出産育児一時金のどちらかを選択することとなります。

どっちでも同じだと深く考えないと損をすることも?!

実は加入している保険によっては独自の給付をつけていることもあるんです。
ですので自身の健康保険とパパの健康保険の出産育児一時金の内容をしっかりと把握しておくことが大切!
それによってどちらから出産育児一時金を受け取るか決めた方がいいですよね!

給付があれば少しでもお得な方でね(*´з`)

直接支払制度の利用



freee151117071495_TP_V.jpg


いくらお金が支給されるからといって、先にまとまったお金を用意するのは大変・・
そんな時に便利な直接支払制度というものがあります。

今はほとんどの方が利用しています。
私も2回出産しましたが利用しました。

出産費用は事前に書類を提出すれば、退院時の窓口では出産育児一時金の差額のみの支払いですむので助かります。

私の場合は出産予定の産院の方から利用しますか?という書類を先にもらえたので手間もかかりませんでしたが、利用予定の方は医療機関に確認してみましょう。

出産費用が42万円かからなかった場合は差額を請求することができちゃうんです!
請求の仕方は各健康保険で異なりますので確認してくださいね!


上記のことから出産費用については窓口での差額のみで済むので安心ですね。
ただ差額については入院期間・処置内容・部屋代などで大きく変わってきます。


退職を考えているのなら自身の健康保険とパパの健康保険、出産育児一時金の独自の給付がついているのかどうかを先に確認しておきましょう!

それによって退職のタイミング変わってきますよ(^^)

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。