つわりで仕事がしんどい時には時短勤務も考えてみましょう

ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

つわりで仕事がしんどい時には時短勤務も考えてみましょう

ひどいつわりの中毎日仕事に通うのはかなりのストレスがかかります。
行きたくないけれどそうもいかない・のが現実。

そんな時に利用できる制度があるんですよ!


つわりで時短勤務ができる制度



実はつわりで認められているのは時短勤務だけではありません。

妊娠中の通勤の緩和
満員電車やラッシュの時間をさけた出勤時間に変更してもらうことが可能なんです。
30分、1時間の時差をもうけてもらうだけでも混雑具合はかなり違います。

時短勤務
通常よりも早めに上がらせてもらうことも可能です。

作業軽減
重労働から軽作業に変更を申し出ることが可能です。

休憩
休憩の回数や時間を多めにしてもらうことが可能です。


これらはきちんと厚生省で定められているんですよ(*^_^*)

男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置 指導事項を守ることができるようにするための措置(法第13条) 


つわりで仕事しんどい時は母性健康管理指導事項連絡カードを利用


自分から職場にうまく伝えるのは自信がないという方。

そんなときには「母性健康管理指導事項連絡カード」というものがあるんです。

これを担当医に記入してもらい職場に出すことでより正確に状態を伝えることができます。

医師からの診断があった方が上司も理解しやすいし、時短勤務もお願いしやすいですよね。

ダウンロード (7)


母子健康管理指導事項連絡カードの活用方法について 厚生省

これはぜひ活用を!

とは言っても正直世間のつわりのつらさに対する理解度はまだまだ・・
謙虚な姿勢で提出、お願いするのが無難です(-_-;)


この制度自体を初めて知る上司もいるかと思います。


これで少しは妊娠・つわりの大変さを理解してもらえたらいいんですけどね(;´Д`)
口頭でつわりのつらさを理解してもらえる企業が増えたら働く妊婦さんにもう少し優しい世の中になるんですけどね。



それはいつになるのやら・・(;´Д`)
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © ひどいつわりで仕事がしんどいと感じたときの対策法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。